1. ホーム
  2. 業種別
  3. ロジスティクス

倉庫・3PL出荷業務

倉庫・3PLでの出荷業務に対する課題と考え方

引き当て、リストの出力、流通加工、ピッキング、荷合わせ、検品、梱包など、複数の工程を限られた時間内で進めるため、多くの人手を必要とする出荷業務。取り扱い商品の種類・物流量の増加と慢性的な人手不足に加え、働き方改革関連法を受け、長時間労働の是正への取り組みも重なり、業務改善は待ったなしの状況にあります。

  • 課題その1ピッキングに多くの時間と人手がかかっている

    ピッキング作業では、倉庫内の歩行移動に最も時間を取られています。対象のロケーションまで最短距離で到達できるかが作業のポイントとなるため、新人が戦力になるまでには時間がかかります。また、作業者がリストを片手に、オリコンやハンディターミナルを持って移動しているため、棚から商品を取り出し確認するには、その都度手に持ち替える手間もかかっています。

  • 課題その2流通加工のラベル貼り付けを人手に頼っている

    人によるラベル貼り付けの作業生産性は一人1時間当たり300~500枚といわれ、作業者によるバラつきが大きくなるため、作業の予測・管理が難しくなります。また、ラベルが斜めに貼られたり、貼り付け位置がズレたりという作業品質に差が出るため、クオリティを一定に保つことが難しいのが実状。貼り付け間違いや貼り漏れは、取引先からのクレーム要因の一つにもなっています。

  • 課題その3検品が終わっているのに梱包が間に合わず、出荷に遅れることがある

    検品後の梱包作業では封函・送り状の貼り付けをしますが、手作業で行われています。単純作業にも関わらず貴重な人材を多く使うことになり、また、手作業だと送り状の貼り付けミスが起こらないとも限りません。配送業者の集荷時間の繰り上げも進む中、梱包作業をスピーディーに行うことが大切です。

    運用イメージ
  • 課題その4流通加工のラベル貼り替えで、ラベル発行作業が煩雑なうえ、事務所と現場の往復で時間ロス発生

    ラベルの発行作業はパソコンがある事務所で行うため、作業現場との往復時間のロスが発生するうえ、移動に伴う貼り間違いも起こります。
    また、ラベルの発行作業が複雑で、担当者不在時は作業ができないことも、時間ロスを生んでいます。

    運用イメージ

サトーが解決できること

ピッキングや流通加工のラベル貼り付け、梱包作業など「倉庫・3PLの出荷業務」の効率化に関する課題に対して、サトーは倉庫・センターの現場の環境に応じてさまざまなソリューションを提供しています。

よくある課題と
解決のアプローチ

課題
ピッキングに多くの時間と人手がかかっている
具体的な課題
ピッキング作業には歩行が占める割合が多く、生産性が作業者の経験値に依存している
サトーなら
どの作業者であっても一定水準の生産性が上げられるピッキングの仕組みを構築

最短経路案内の倉庫内ナビゲーションシステムにより、経験値に依存しない生産性を教育レスで実現する倉庫作業者支援ツール

具体的な課題
ピッキング効率化ツールを検討したが、ハンディターミナル端末も含めると割高だ
サトーなら
スマートフォン端末の活用で安価に導入可能

ピッキング作業にスマートフォン端末を使用し、作業者の管理・作業の見える化を行うことで、作業効率向上をご提案するシステム

具体的な課題
リストを手に持ち見ながらピッキング作業をしており、手間がかかる
サトーなら
音声認識ソリューションでハンズフリー・アイズフリーを実現し、ピッキングや入出荷検品業務の生産性と作業精度を向上

直感的に操作できるユーザーフレンドリーな操作性を持つiPod touchを使用。現場ごとに異なる環境やニーズにあわせた独自開発システム。

音声認識ソリューションでハンズフリー・アイズフリーを実現し、ピッキングや入出荷検品業務の生産性と作業精度を向上
具体的な課題
BtoC需要の増加などで受注件数が急増。ピッキング作業が煩雑化するも、効率的に処理できない
サトーなら
音声ガイダンスに従いながら効率的なピッキング作業を実現
受注特性により、シングル/マルチ/トータルPICに対応

Android/iOSの様々なデバイスに対応。現在使用中のWMSや基幹システムとの連携も容易。カスタマイズ開発を最小限に抑えたパッケージ

課題
流通加工のラベル貼り付けを人手に頼っている
具体的な課題
手作業でのラベル貼り付けは、スピードとクオリティが不安定
サトーなら
プリンタとロボットで自動貼り付けを可能にし、最小限の人数でスピーディーに作業ができる

毎時最大3,600枚の安定した作業で大幅な高速化が可能で、作業も簡単なので、経験の浅い作業者でも運用可能です。

具体的な課題
出荷時の複数ラベル貼り付け作業が、物流センターの生産性アップの妨げに
サトーなら
複数ラベルを自動貼り付けすることで、人手不足による出荷遅延を解消

ラベル自動貼付機「タフアームLR4NX-FAシリーズ」にロボットアームを組み合わせた「マルチフェイスラベラー」で、複数のラベル貼付作業を自動化。ミスがない作業も実現し、生産性の向上と業務効率化を図ります。

課題
検品が終わっているのに梱包が間に合わず、出荷に遅れることがある
具体的な課題
手作業では時間がかかり、梱包作業が出荷のボトルネックになりかねない
サトーなら
ランダム封函機+送り状印字・貼付機で、毎時600ケースの送り状貼り付けが可能に

箱のサイズがばらばらでもランダム封函が可能で、同時に箱のサイズ計測もできます。オーダー番号をもとに送り状を印刷、貼り付けし、間違いを防止します。運送会社ごとの専用送り状印字・自動貼り付けにも対応可能です。

ランダム封函機+送り状印字・貼付機で、毎時600ケースの送り状貼り付けが可能に

課題
ラベル発行作業の属人化と時間ロス
具体的な課題
事務所と現場の往復で時間ロス発生するうえ、ラベル発行作業が煩雑で属人化
サトーなら
パソコンが不要でラベル発行はバーコードをスキャンするだけのシンプルなオペレーション。
作業現場でラベル発行ができ、パソコンのある事務所との移動時間短縮し、貼り間違いのリスクも軽減

商品に関するお問い合わせ

0120-226310

お客さまヘルプデスク24時間365日