1. ホーム
  2. 業種別
  3. リテール

賞味期限・価格の管理などの店舗オペレーションを最適化

店舗のオペレーション最適化に対する課題と考え方

産業界全体が、深刻な人手不足に頭を悩ませています。スーパーマーケットをはじめとする小売業界も同様で、熟練スタッフの高齢化も相まって、働き手の確保に苦慮しています。外国人や学生アルバイトなど、採用する人材も多彩になっている今、どんな人でもスムーズに現場業務に従事できる体制づくりが急務といえるでしょう。できるだけ人の手をかけないためには、自動化できるところは自動化を進め、誰もが直感的に使えるツールを導入するなど、少人数で効率よく現場を運営できる仕組みづくりが必要です。

  • 課題その1深刻な人手不足と人材の多様化

    人手不足が深刻な小売業界では、未経験者や外国人を含む多様な人材を採用しています。しかし、経験が浅いスタッフに任せられる業務は限られます。新人採用も多く、常にオペレーション指導に追われるなど、熟練スタッフは自身の業務と他のスタッフのフォローで疲弊しがちです。

  • 課題その2管理ルールの徹底

    食品期限管理やお客さまへの対応など、店舗の運営は、さまざまな管理ルールの上に成り立っています。法令遵守や安全衛生上、管理ルールはいかなるレベルの従業員であれ守る必要がありますが、外国人や未経験者への教育、徹底には、大きな負荷がかかります。また、人に依存する管理業務では、どんなに注意を払ってもヒューマンエラーの発生を完全に防ぐことは難しく、店舗を悩ます課題となっています。

サトーが解決できること

サトーは、お客さまの店舗のオペレーション最適化への取り組みを、売り場のプライスチェックや賞味期限チェック、バックヤードでの商品へのラベル貼り付け、店内調理品の食材管理などの各場面で支援します。

よくある課題と
解決のアプローチ

課題
プライスカードのプライスチェックに時間と手間がかかり、店舗スタッフの負担になっている
サトーなら
棚札の高速・連続スキャンで作業時間を10分の1に

価格情報をQRコードにして棚札に表示し、ハンディターミナルでスキャンすることで、POS価格との照合が瞬時に可能

課題
賞味期限切れ商品のチェック漏れリスクがある
サトーなら
賞味期限チェックをシステム化し、賞味期限切れ商品販売のリスクを軽減

OCR機能付きハンディターミナルで商品に記載された賞味期限情報をスキャンし、賞味期限情報を管理。作業時間も半分以下に削減可能

課題
サービスカウンターでの予約商品の受付に、時間と手間がかかっている
サトーなら
お客さまの待ち時間短縮、店舗スタッフの作業軽減、予約状況の見える化を実現

お客さまに店頭で予約情報を端末に直接入力していただき、管理をデジタル化

課題
サービスカウンターでの商品配送の受付に、時間と手間がかかっている
サトーなら
お客さまの待ち時間短縮、店舗スタッフの作業軽減、顧客情報管理の負担を軽減

お客さまからの事前登録内容をQRコードから読み取り、配送ラベルをワンタッチで発行

保存温度表示ラベルの貼り間違いや貼り漏れなどのミスが心配

具体的な課題
ラベルの貼り間違いや貼り漏れをチェックできない
サトーなら
作業精度の向上、作業実績の履歴を一括管理

商品マスタと連携し、作業計画の登録からラベル発行、商品とラベルの照合確認、実績データ収集までの一連の流れをシステム化し、人為的ミスのリスクを軽減。冷凍、結露にも強いラベル基材を提供します

具体的な課題
作業者の熟練度によってラベルの貼り付けの生産性にバラつき、ミスがある
サトーなら
高速かつミスがない貼り付け作業を実現

コンベヤガイドが効かない商品を、一点一点正確に検知し、自動でラベルを貼り付けます。熟練した作業者によって行われていた作業を自動化します

店内調理用食材における使用期限表示ラベルの記入ミスや貼り間違いが心配

具体的な課題
入荷時に食材の使用期限を手書きするため、手間がかかるうえに記入ミスの心配がある
サトーなら
ハンドラベラーで書き間違いや読み間違いのミスをなくすとともに、作業を効率化

ハンドラベラーで期限ラベルを貼れば、見やすい表示で判読が容易になり、作業スピードが向上します

具体的な課題
入荷時に貼る食材期限管理ラベルの日付スタンプを手作業で合わせるため、ラベルの表示ミスが発生しかねない
サトーなら
ラベルプリンタの導入で、安心かつ正確な期限管理を実現

タッチパネル式ラベルプリンタにより、食材期限をデータで管理するとともに、シンプルな発行操作で正確かつ効率のよいラベル貼り付けを可能にします

商品に関するお問い合わせ

0120-226310

お客さまヘルプデスク24時間365日