1. ホーム
  2. サトーについて
  3. 企業情報

外部からの評価

2020年

「@Form for HACCP」が「日食優秀食品賞」を受賞

株式会社サトーは、食品衛生管理をペーパーレスで行うHACCP対応ソリューション「@Form for HACCP」で、「第23回 日食優秀食品 機械・資材・素材賞」に入賞しました。食品業界で食品の品質および効率の向上に貢献したことが評価されました。
「@Form for HACCP」は、食品衛生管理の国際標準HACCPの導入によって、厳格な記録・監視が求められるようになった食品衛生管理において、全工程での管理を徹底して監視するチェック体制を確立するシステムです。

Red Dot Award: Product Design 2020

サトーホールディングス株式会社は、コンパクト型ラベルプリンタの「SCeaTa(シータ) CT4-LXシリーズ」で「Red Dot Award」の「Product Design 2020」を受賞しました。業種・業態、国、オペレーターの作業習熟度を問わず誰でもストレスフリーで使える設計が評価されました。
Red Dot Award審査員のコメント :「SCeaTa CT4-LX」は高機能とシンプルかつユーザーフレンドリーな筐体デザインを兼ね備えており、最先端をゆくプロダクトとして仕上がっています。」

「健康経営優良法人(ホワイト500)」に4年連続で認定

経済産業省と日本健康会議が進める健康経営優良法人認定制度において、「健康経営優良法人(ホワイト500)大規模法人部門」に選定されました。当認定制度は、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。当社は、本制度が開始された2017年から4年連続の認定となります。

「スポーツエールカンパニー(スポーツ庁)」および「東京都スポーツ推進企業」に2年連続で認定

スポーツ庁より「スポーツエールカンパニー」に、東京都より「スポーツ推進企業」に、いずれも2年連続で認定されました。当社は社員に年に1度「わたしの健康目標」を提出しもらい、目標達成のための支援金として毎月2,000円の「健康増進アクション手当」を支給しています。このたびのダブル認定は、この制度を含む当社の継続的な健康経営の活動が評価されたものです。

2019年

「SNAMサステナビリティ・インデックス」構成銘柄に選定

損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント社(SNAM)が設定する「SNAM(エスナム)サステナビリティ・インデックス」の構成銘柄に初選定されました。同インデックスは、SNAMが2012年8月から運用を開始したESG(環境・社会・ガバナンス)の評価が高い企業(約300社)に幅広く投資する年金基金・機関投資家向けの運用プロダクト「SNAMサステナブル運用」に活用されています。

平成31年度 知財功労賞「特許庁長官表彰」を受賞

経済産業省 特許庁が表彰する平成31年度「知財功労賞」において、知的財産権制度活用優良企業等表彰として「特許庁長官表彰」を受賞しました。同賞は、経済産業省 特許庁において知的財産権制度の発展および普及・啓発に貢献のあった個人および、制度を有効に活用し円滑な運営・発展に貢献のあった企業等を選出し表彰するものです。

北上事業所が北上市地域貢献活動「功績賞」を受賞

岩手県北上市と市協働推進市民会議が、協働の街づくり推進に向けて優れた地域貢献活動を展開している企業・団体を顕彰する「2018年度市地域貢献活動企業褒章」において、サトーの北上事業所が「功績賞」を受賞しました。これは、北上事業所が2010年より毎年行っている「新入学児童に対しての交通安全シールの作成および寄贈」活動が評価されたものです。児童の交通安全を目的に、ランドセルに貼る光に反射するシールを新入学児童に寄贈しています。

2018年

関東地方発明表彰で「発明奨励賞」を受賞

「プリンタの印字ローラー保持装置」が、公益社団法人発明協会が主催する「平成30年度 関東地方発明表彰」において発明奨励賞を受賞しました。この発明により、モバイルプリンタが落下による衝撃を受けても、安定した印字品質を維持することができます。

「2018 CRMベストプラクティス賞」を3年連続で受賞

一般社団法人 CRM協議会が顧客中心主義経営の実現に向けて成果を上げている企業・組織・団体を表彰する「2018 CRMベストプラクティス賞」を3年連続で受賞いたしました。
受賞モデル名:「営業と保守の連携基盤モデル」として、顧客価値創出をめざす経営が評価されました。

「世界ラベルコンテスト」2年ぶり2度目の「ベスト・オブ・ザ・ベスト賞」受賞

世界9つのラベル団体で構成されるグローバル・アソシエーションズ・サミットが主催する「第29回世界ラベルコンテスト」において、サトーは「ベスト・オブ・ザ・ベスト賞」を受賞しました。同賞はオフセット、フレキソなど印刷方式5種ごとに最も優れた作品を選ぶもので、サトーはレタープレス部門で受賞。2年ぶり2度目となる、同部門の世界ナンバーワンに輝きました。

第10回販促会議企画コンペティションで協賛企業賞を受賞

サトーの社員3名が、「第10回販促会議企画コンペティション(主催:株式会社宣伝会議)」にて、協賛企業賞を受賞しました。
このコンペティションは、協賛企業から出される商品・サービスの販促課題に対し、解決策となるアイデアを企画書形式で募集するものです。サトーの社員3名は、パッケージやPOPのデザインに留まらない、運用も含めた提案が評価され、この度の受賞となりました。

第5回IRグッドビジュアル賞を受賞

IRグッドビジュアル賞実行委員会(一般社団法人日本IR協議会、株式会社バリュークリエイト)が主催する「第5回IRグッドビジュアル賞」において、応募した52社のうち、サトーホールディングス株式会社(以下、サトー)が他6社とともに受賞いたしました。
この賞は「自社の企業価値を投資家にいかに伝えるか」というIR活動において、「企業価値を効果的に伝えるIR資料のスライド」(1枚)を表彰し、その好事例の共有を目的としたものです。

全日シール連「シール・ラベルコンテスト」20年連続受賞

同コンテストは全日本シール印刷協同組合連合会が主催するもので、印刷の技術力、応用力(デザイン性、シール・ラベルの機能性や用途)などが審査基準となり、それらの総合評価に基づいて受賞作品が決定されます。サトーは2017年度のコンテストで全日本シール印刷協賛会会長賞をはじめ3つの賞を受賞し、20年連続の受賞を果たしました。

2017年

関東地方発明表彰で「発明奨励賞」を受賞

「プリンタのインクリボン巻取りリール」が、公益社団法人発明協会が主催する「平成29年度 関東地方発明表彰」において発明奨励賞を受賞しました。この発明は、ラベルプリンタの使用済みインクリボンを巻き取るリールがロックを外すだけで細くなり、使用済みのリボンを外しやすくするものです。

「2017 CRMベストプラクティス賞」「大星賞」をダブル受賞

一般社団法人 CRM協議会が顧客中心主義経営の実現に向けて成果を上げている企業・組織・団体を表彰する「2017 CRMベストプラクティス賞」および特別賞「大星賞」を受賞いたしました。

「マレーシア・デジタル・ビジネス・アワード」の特別賞を受賞

マレーシア・デジタル商工会議所(Malaysia Digital Chamber of Commerce)が年間を通じ、同国のデジタル分野のビジネスにおいて優れた足跡を残した企業を表彰する「マレーシア・デジタル・ビジネス・アワード」において、特別賞を受賞しました。

2017年度 自動認識システム大賞で2システムが入選

一般社団法人日本自動認識システム協会が主催する2017年度(第19回)自動認識システム大賞において、株式会社サトーがパートナー企業と共同申請した「白黒サーマルプリンタ発行ラベルの一括読み取り」および公共交通機関向け多言語翻訳サービス「AmiVoice® TransGuide」の2システムが入選いたしました。

「健康経営銘柄」および「ホワイト500」にダブル選定されました

「健康経営銘柄」は、従業員の健康管理を経営的な視点で考え戦略的に実践する企業を、東京証券取引所の上場企業の中から1業種1社選定するもので、2015年から実施されています。
一方、2017年から始まる「健康経営優良法人(ホワイト500)」は、健康経営のすそ野拡大を目的に、上場企業に限らず保険者と連携して優良な取り組みを実践している大規模法人を2020年までに500社選定するものです。

サトーグループの「全員参画」によるさまざまな健康経営活動が評価され、ダブル選定につながりました。

健康経営はNPO法人健康経営研究会の登録商標です。

2016年

関東地方発明表彰 「発明奨励賞」を受賞

公益社団法人発明協会が主催する「平成28年度 関東地方発明表彰」において、サトーテクノロジー株式会社が開発したラベルプリンタ向け「ラベルロールのドロップイン装置」が、「発明奨励賞」を受賞しました。 同装置は誰でも簡単に、ラベルロールの交換を片手で可能にするという顧客価値を実現した技術です。

「2016 CRMベストプラクティス賞」を受賞

一般社団法人CRM協議会が、顧客中心主義経営に向けてCRMで成果を上げている企業・組織・団体を表彰する「2016 CRMベストプラクティス賞」にサトーホールディングス株式会社が選ばれました。IoT技術を用いてラベルプリンタの稼働状況を24時間365日リモートで見守る保守サポート「SOS (SATO Online Services)」が、「予知行動型CRMモデル」として評価されました。

「世界ラベルコンテスト・ベストオブザベスト賞」を受賞

世界9つのラベル団体で構成するグローバルアソシエーションズサミットが主催する「第27回世界ラベルコンテスト」において、サトープリンティング株式会社が「ベストオブザベスト賞」を受賞しました。同賞はオフセット、フレキソなど印刷方式5種ごとに最も優れた作品を選ぶもので、サトーはレタープレス部門で受賞。同部門の世界ナンバーワンに輝きました。

2016年度「自動認識システム大賞」大賞と優秀賞を受賞

一般社団法人日本自動認識システム協会が主催する2016年度(第18回)自動認識システム大賞において、サトーマテリアル株式会社が「スマイルタグで観光客を誘引、商店街を活性化」で沖縄ツーリスト株式会社様、株式会社ユービックシステム様と合同で大賞を受賞、また株式会社サトーが「画像認識による食品の期限ラベル貼り付け / フロチルラベラー」で優秀賞を受賞しました。

第6回「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞 経済産業大臣賞を受賞

過去5年以上にわたって人員整理を行っていないこと、仕入先企業へのコストダウンを強制していないこと、障がい者雇用率が法定以上であること、黒字経営であること、重大な労働災害がないことなど厳しい応募基準を満たし、本業による社会貢献を使命として企業活動を継続してきた点を高く評価いただき、最高賞である経済産業大臣賞を受賞しました。

日本政策投資銀行の「DBJ 健康経営格付」を取得

「DBJ 健康経営格付」は従業員の健康配慮への取り組みが優れた企業を評価・選定し、その評価に応じて融資条件を設定するという、世界で初めての融資メニューです。サトーは社員がいきいきと働くことができるよう、かねてより健康増進や効率的な業務を推進する健康経営への取り組んでいることが評価され、格付を取得しました。