1. ホーム
  2. サトーについて
  3. サステナビリティ
  4. 価値創造基盤

サプライチェーン・マネジメント 購買調達方針

お取引先さまの選定に際しては、品質、価格、納期、供給の継続、環境保全、財務、人権や労働安全衛生への配慮など、適正な基準に基づいて公正・公平な評価と選定を行います。

1.パートナーシップ

全てのお取引先さまをパートナーとして相互の成長・繁栄をめざし、信頼関係の構築に努めていきます。購買姿勢として、サトーグループの一員として責任を持ち、法令・規則、社内規定を順守し、購買業務を遂行いたします。お取引先さまと友好な関係を保ち、お取引先さまとの間で、私的な利害関係を一切持ちません。

2.公平・公明・公正

公明正大で差別の無い取引を推進いたします。そして、サトーグループはより良い品質の商品をタイムリーにお客さまに提供するため、適正な品質・価格・納期により、資材の安定調達を図ります。

3.法令・社会規範の順守

法令(各国・地域の独占禁止法、商法、下請法、外為法、個人情報保護法、著作権法、労働関連法など)や企業倫理を順守し、人権、社員個人の尊重、環境、労働安全、贈収賄、不公正な行為の禁止などに十分配慮した取引に努めます。サトーグループは、お取引先さまに対して事業活動を行なっている国・地域において適用される法令・社会規範の順守をお願いします。

4.贈収賄防止関連法令の順守

サトーグループの全ての役員と従業員は、国内外における事業活動にあたって、直接あるいは間接を問わず、適用される各国の贈収賄防止関連法令を順守し、健全な商慣行に反するような金銭等の利益供与を受けません。

5.社会的責任(CSR)

環境負荷低減に配慮した調達を進めるとともに、お取引先さまに対してもご理解とご協力をお願いしています。CSR調達をともに推進していくことが相互信頼を築き、相互繁栄につながるものと考えています。お取引先さまのCSR調達状況について調査を行い、実態を把握するとともに、課題に対してはサトーグループとお取引先さまが一体となって取り組み、この活動を推進していきます。そして、紛争鉱物問題に対してもこの活動の一部として位置付け、対応します。

6.児童労働・強制労働の排除

商品の原材料として紛争鉱物を使用しないことに向けた取り組みを推進するなどして、児童労働や強制労働への加担を回避します。

関連コンテンツ