1. ホーム
  2. サトーについて
  3. サステナビリティ

重要課題(マテリアリティ)の特定

SDGsへの貢献と重要課題(マテリアリティ)の特定

サトーグループはサステナビリティへの取り組みを具体的に推進すべく、カテゴリー分けしたマテリアリティ(経営の重要課題)の抽出を行い、各々のマテリアリティごとに可視化を行っていきます。

マテリアリティ特定のプロセス

マテリアリティの特定にあたり、「環境」「社会」「ガバナンス」それぞれの主管部門や、IRおよび広報などステークホルダーと関わりのある部門によって構成されたサステナビリティ推進事務局を編成しました。グローバルコンパクトの考え方や国際的なガイドライン、豊富な事例を参照するとともに、経営陣を含め、営業、開発、生産、商品企画、人財といったメンバーで複数回にわたり議論やワークショップを重ねました。その中で、ステークホルダーとサトーグループにとって重要性の高い経営課題を選別し、マテリアリティマップを作成しました。今後も幅広いステークホルダーからの意見に耳を傾け、継続的なレビューを行う予定です。

特定の様子 特定の様子

マテリアリティ構成の考え方

サトーグループの全ての役員と従業員は、企業理念に基づき、本業を通じて持続可能な社会への貢献と企業価値の向上に取り組みます。

サトーグループではサステナビリティをお客さま価値の創造および企業価値の向上と不可分のものと捉え、それらを経営の根幹に据えて取り組みます。具体的には、ステークホルダーとサトーグループにとってのマテリアリティ(経営の重要課題)を特定し、以下4分類に体系化、マテリアリティ毎に取り組みを可視化することにより、課題を明確にして改善につなげ、本業による価値創造のサイクルを回していきます。

お客さまへの提供価値
社会課題に対し、サトーグループがお客さま志向の本業を通じて提供する価値
価値創造基盤
その提供価値を持続的に創造するための基盤
地球環境
社会とサトーグループを取り巻き、守るべき地球環境
コーポレートガバナンス、リスクマネジメント
全体を支える土台

マテリアリティマップ

サステナビリティ重要課題の概要と関連するSDGsテーマ

お客さまへの提供価値

マテリアリティの中心は、社会課題解決に資するお客さまへの提供価値であり、例えばお客さまの廃棄物減少や生産性向上、環境負荷削減を支援し、安心・安全を提供します。

詳細活動

事業を通じた社会課題の解決
商品・サービスの安全性および品質

関連するSDGs

価値創造基盤

お客さまへの価値の提供を実現するのは持続的な価値創造基盤であり、例えば人財育成やダイバーシティ&インクルージョン等社内の取り組みや、サプライチェーン・マネジメントやステークホルダーとの対話等社外の取り組みを推進します。

詳細活動

人財への取り組み
サプライチェーン・マネジメント

関連するSDGs

地球環境

社会とサトーグループを取り巻く地球環境へも配慮し、例えば事業活動における大気への排出削減や資源の有効活用を推進します。

詳細活動

関連するSDGs

コーポレートガバナンスとリスクマネジメント

こうした、マテリアリティを土台として支えるのがコーポレートガバナンスとリスクマネジメントであり、経営の健全性・透明性・効率性を確保すべく、継続的に体制と仕組みを強化します。

関連コンテンツ