当ウェブサイトでは、お客さまにより良いサービスを提供するため、Cookieを利用しています。Cookieの使用に同意いただける場合は「同意」ボタンをクリックし、Cookieに関する情報や設定については「詳細を見る」ボタンをクリックしてください。

  1. ホーム
  2. サトーについて
  3. サステナビリティ
  4. 価値創造基盤
  5. 人財方針・人財戦略

人財への取り組み 人財方針・人財戦略

人財方針

基本的な考え方

私たちは、サトーグループの事業モデルにおいて持続的に価値を生み出す源泉は「人」であることを認識し、「社員が財産」という視点に立ちます。個々人の人間性の尊重と多様性の受容を基本として、また、企業理念にも基づき、人財の採用、配置、育成、評価、処遇、働き方などの人事諸施策を進めます。
お客様と共に成長し、最も信頼され続ける会社になるため、持続可能な社会への貢献と社是であるあくなき創造を実践し続ける「人」を生み出し続けてまいります。

めざす姿

サトーグループの人財ポリシーとして求める人財像、目指す組織を設定しています。

  • 求める人財像:自ら考え行動し、変化を起こせる人財
  • 目指す組織像:イノベーション(変化)を生み出し続けるチーム

このポリシーに沿って、評価・報酬制度・働き方等の人事施策を策定し、社内大学として設立したSATO Campusとも連動し、「誰もが働きがいを実感している」状態を目指してまいります。

【海外】

海外子会社向け人事施策として、現地管理職層にグローバルグレードを導入しました。現地幹部層の評価・報酬制度などの設計や報酬水準の調査での活用はもとより、将来的にサクセッションプラン関連施策や、国際間異動等にも活用することを予定しています。

また、海外子会社向けのLearning Management System(以下、LMS)を導入しています。社内投票で決定した名前は、Engage(参加する), Develop(開発する), Grow(成長する), Evolve(進化する)の頭文字から、“E.D.G.E(エッジ)”です。
「まず実際にシステムを使ってさまざまなコンテンツに触れ、スキルを身につけ、ビジネスパーソンとして成長し、より成長した自分へと進化していく」という一連のプロセスを意味しています。
このLMSと連動した「オリジナルコンテンツ作成用ツール」を使うことで、より楽しく分かりやすい動画やテストなどが提供されます。グローバル共通の入社者向けコンテンツのみならず、外部からの提供も含め、プログラムを増強していく予定です。

グローバル化へ向けて注力してきた英語推進活動について、今後は日本籍社員も海外籍社員も業務上の必要性の高い社員を優先する方針に変更し、最新のオンライン学習ツールなども含めてより効率化する予定です。
今後も、効果的かつ効率的な能力向上に寄与する人財育成施策をより充実させていきます。

【国内】

指名・報酬諮問委員会が発足し、役員報酬の見直しや、中核人財の育成方針の策定などが進められています。また、価値創造基盤の根幹である「人財」について、人財開発委員会の設置や風土改革の取り組み、人財多様性の確保などの多くの議論も行われました。

人的資本の強化を目的に人財育成と企業文化醸成の仕組みとして発足したサトーキャンパスの取り組みと合わせ、今後の従業員の「働きがい向上」を会社全体で推進してまいります。

今後は以下を掲げ、人財育成基盤の確立とOur 100th Projectと連携した働きがい向上と人財育成環境の整備を推進してまいります。

  • 社員全員が「真のプロ」を目指し成長する環境つくり
  • 「現場力」を磨き続けるため、自ら職場を自らが変化させ続ける風土つくり
  • それらを支えるマネジメントの再教育

関連コンテンツ